瑞穂の森治療院

診療時間 日/祝
午前9時~14時 9時~
午後16時~21時 18時
休診日:水曜
052-838-5117完全
予約制
「ホームページを見た」とお伝えください

改善実績

Pocket

本当に卵アレルギーが治りました!

【症状/背景】

6歳、男の子。卵アレルギー。症状はゆで卵を少しでも食べると1~2分後に喉のかゆみ、20分後にお腹の痛みを訴えるとのこと。病院で経口免疫療法(アレルギーの原因となっている物質を少しずつ食べて治す方法)を1年ほど続けても改善がみられなかったようです。

A君は卵に恐怖心を持っていて、お菓子などで卵が少しでも使われていると敏感に反応して口にしないとのことでした。食物アレルギーは症状に個人差があるので、一人ひとりの症状をよくみて施術法を決める必要があります。

A君の場合は腹痛を訴えていることから、まずリーキガット症候群を疑いました。このリーキガット症候群、初めて聞く方も多いかもしれませんが、腸の粘膜に穴が空いてしまい有害物質を体内に取り込んでしまうというもので、様々な免疫異常を引き起こす原因となっています。腸に穴が空くと聞くとびっくりする方もいるかもしれませんが、大きな穴が空くわけでもなく適切に処置をすれば修復も難しくありません。

【施術内容】

A君の場合は、生体反応をみながらA君にあった眼球運動と視床下部ポイントのタッピングなども行ってもらいました。さらに卵に対しての恐怖心も施術の妨げになりそうだったので、PCRT(心身条件反射療法)も行いました。

1回目の施術から症状が軽減していき、5回目の施術後に病院で再度検査を受けた際には、アレルギー反応が出なくなっていてもう来なくて良いと言われたそうです。

食べ物、花粉、ハウスダストアレルギーを改善!

【保護者の方からの声】

初回の治療の後、消極的だった息子が幼稚園で外で走りまわって遊ぶようになり、驚きの嬉しい変化でした。

卵アレルギーに関しては、少し時間はかかったものの、今ではほぼ何でも食べられるようになり、外食やお友達と一緒に食べるおやつなど、気にしなくても良くなったのは、母子共に開放感でいっぱいです。

【症状/背景】

5歳のお子さん。目と腕とお腹に蕁麻疹が出てかゆくなる。食べ物アレルギー(卵・パン・それ以外の食べ物でも出ることがある)。お風呂に入ったときや花粉・ハウスダストでもアレルギー症状が出る。

【施術内容】

自律神経の調整と腸内環境を整える治療を行う。2回目は食べ物に対する恐怖心のケアを行った。3回目の来院では元々内気な性格で幼稚園では外であまり遊ばない子だったが、母親が迎えにいくと外を走り回っていて担当の保育師さんも一緒になって驚いた。(トルクリリーステクニックではADHDなどの発達障がい治療もできるのでその効果によると推測される)

遠方ということもあり2~3週間に一度の施術しかできないため、2月下旬に治療を開始したが、花粉症の時期になり小康状態が続く。しかし5月になり目のかゆみやカサカサが改善し、卵以外の食べ物ではアレルギー症状が出なくなってきた。約半年、12回目の施術で卵の黄身は食べられるようになった。

この症例では、お母さんがアレルギー物質に対してかなり敏感になっているのがお子さんにも伝わり本来のアレルギー症状と食品に対する恐怖心が症状を悪化させていた。また酵素欠乏による乳製品などの不耐性もあったため、食事をすると体調が悪くなるのが常になっていた。さらに、食べ物以外にも花粉・カビ・ハウスダストにも反応してしまうため、治療は難航したが半年で卵が食べられるようになっているのは体質が変化してきている兆候である。

3回での施術で薬を飲まずに眠れるように!

【症状/背景】

60代女性、何年も睡眠薬を飲んでいるがなかなか寝れない。
過去の家庭内でのストレスがきっかけで眠れなくなってしまった。
薬の飲み始めは寝れていたが、だんだん薬が効かなくなっている気がする。

【施術内容】

不眠症を訴えているほとんどの方の原因にストレスが関係している。そのストレスが睡眠を妨げている事を認識して、脳と自律神経が正常に働くように調整をすることで自然に眠れるようになる。

ここで重要なのは当院のトルクリリーステクニックで自律神経の調整はできるが、そのままだと処理されていないストレスによって再び症状がぶり返す可能性があるので、PCRTでストレスによる脳の誤作動まで整える必要がある。

この患者さんの場合は3回の施術で薬を飲まなくても眠れるようになった。しかし、薬の服用期間が長く依存が強いほど治療が長期化することが多いので、できるだけ早く施術を行う必要がある。

痛みがなくなり、子育てのイライラも軽減!

【症状/背景】

30代女性、4児の母。
出産と育児のストレスで肩こり・腰痛・頭痛・股関節痛・顎関節症・精神的肉体的ストレスを訴えていた。

【施術内容】

体の様々なところに症状が出ている方は、その症状の一つひとつを治そうとしても新しい症状が際限なく現れるのできりがないので、その症状の元である自律神経をトルクリリーステクニックで調整する必要がある。患者さんは自律神経の調整だけで首の可動域や頭痛はとれてしまった。

ただ自律神経を乱している原因は日々の生活でのストレスなのでPCRTで脳の誤作動を調整した。これにより他の症状も改善がみられ、さらに子どもに対してイライラしていたのが余裕を持って接することができるようになったという嬉しい声もきくことができた。この方は1度の治療でほとんどの症状が改善し、2回目で治療を終了した。

1度の治療で飛行機に乗れるように!

【症状/背景】

30代女性、飛行機に乗るのが怖い。
ご主人さんの実家(沖縄)に帰省する際に飛行機を利用しないといけないが、昔から飛行機が苦手で乗るのが怖い。

【施術内容】

何かに対する恐怖心は過去のトラウマや脳の誤作動が原因で生まれる。PCRTはそういった症状にとても効果的である。この方の場合、飛行機に乗っている状態をイメージしてもらうと脳神経系が緊張し筋肉に反応が現れる。さらに検査をすすめると、その緊張は離陸する際の体の感覚と、飛行機の揺れが関係していることが分かったので調整を行うと、飛行機を乗った状態をイメージしても脳神経系が緊張しなくなる。

この方は1度の治療で実際に飛行機に乗っても恐怖心なく帰省できるようになったが、恐怖心に対する治療はひどい症状の場合、複数回治療を行い脳の再学習をする必要がある。

腰に全く触れずに慢性腰痛が改善!

【症状/背景】

20代女性。1~2ヶ月前からの腰痛・左足全体の痛み(他に頭痛・肩こり・鼻炎・冷え性)。

この方は来院時、腰が痛いのは立ち仕事をしているからだと思っていた。この方に限らず自分の腰の痛みが仕事などの使い過ぎで痛いと思っている人は少なくない。通常、人間の体は立っていて疲れることはあっても腰に痛みを出すことはない。例え何かのきっかけで筋肉を痛めたとしても、筋修復に1ヶ月以上もかかり痛みが続くことはまずないだろう。

ではこの患者さんの痛みはどこから来るのか。ほとんどの腰痛は病院に行くと異常なしと言われるか、わずかな骨の変形が原因だと言われることが多い。しかし骨の変形があっても痛みのない人もたくさんいるので結局原因がわからなくてずっと腰痛を抱えて生活していくことになる。結論から言うと西洋医学では腰痛の85%は原因が不明と言われている。さらに研究がすすんだ現在、痛みの原因は脳の誤作動だということが有力になっている。

【施術内容】

実際にこの患者さんは仕事のノルマや対人関係でストレスを抱えていたので、PCRTでそのストレスからくる脳の誤作動を調整すると腰に全く触れていないのに腰痛が改善した。その後、仕事をすると痛みが少しぶり返していたが、4回治療をした後は仕事をしても腰痛が出ないようになった。

よく症状をギリギリまで我慢してから整体やマッサージにいく人がいるが、本来治療とはその症状をなくすためのものなので何回もぶり返していたのでは時間とお金の無駄である。当院の治療で元から症状を改善し、定期的に身体のケアを受けることで症状そのものを忘れて楽に生活を送ることが可能である。

7年以上続いためまいが3回で!

【患者様の声】

治療中はパチッパチッとしてもらう度に体が温かくなっていき、今までにない不思議な感覚でした。先生もとても丁寧に説明してくださり、安心して楽しく受けることができました。治療院を出てから歩き出すと、すぐに違いが分かりびっくりしました。7、8年間も続いていためまい、ふわふわとしていた感じがとても軽くなっていました。気持ちも軽くなり、自然と笑顔で歩いていました。

今までこのめまい感はとれないものだとあきらめていましたが、この治療に出会えて本当に良かったと思います。不調で悩んでいる家族や友人にも教えてあげたいなと思います。

【症状/背景】

8年前から疲れや緊張時にパニック障害とめまい。心療内科でもらった薬を飲んでいたが、飲み合わせが悪かったのか4ヶ月前に副作用がでてしまい、それから体調が悪化する。

【施術内容】

自律神経の調整と過去のストレスの施術を行い、1度の施術で症状が改善する。2回目の来院時でめまいがない日もあったが、仕事で疲れると症状が現れるとのこと。その日は薬の副作用への恐怖心などを取り除いた。3回目の施術でめまいが消失する。その後は月に一度のメンテナンス治療へ。

めまいに限らず、不眠やうつ症状になると薬に頼る人が多いが、長期的な服用が続くと副作用も重なり体調を悪化される人は少なくない。当院では薬で症状を抑えるのではなく、症状の原因を探り根本から治す施術を行っている。

なかなか改善しなかった悩みが一気に解決!

【症状/背景】

初めはぎっくり腰で来院。一度の施術でPS(ペインスケール)10→2に改善。
当院の施術法に興味を持たれ、13年前から仕事のストレスによりめまいが発症し、整体院でオステオパシーを受けるがなかなか治らないと相談を受ける。

【治療内容】

トルクリリーステクニックとPCRTにてストレスの調整をすることでめまいが消失。

次の施術では2人目の子供がなかなかできないと相談を受ける。フィシオエナジェティックで体内の調整とオリキュロセラピーで不妊のポイントに施術を行い1ヶ月後に妊娠する。

その後、妊娠期間中につわり・頭痛・頭重感を訴えるがトルクリリーステクニックとPCRTにてケアを行い無事に出産。産後は育児のストレスもあるが定期的なケアを行い以前のようなめまいの頻度は減っている。

今年は仕事を休職せずにすみました!

【症状/背景】

30年前から仕事のストレスにより大学病院の精神科に通っている。頭部に電気を流す手術を2回実施。症状は頭痛・肩こり・腰痛・耳鳴り・眼精疲労・痺れ・冷え性・便秘・下痢・胃もたれ・不眠・字を書く時の手の震え・朝のだるさ・イライラ。最初はぎっくり腰により来院。2回の施術で完治する。その後メンタル症状の施術へ。

【治療内容】

治療はトルクリリーステクニックで自律神経とPCRTにてストレスのケアを行う。その後ストレス解放の施術とフラワーレメディを施し最後にオリキュロセラピーを行い。自宅ではリカバリー(脳の必須アミノ酸サプリ)を服用してもらっている。

施術期間は1年だが、昨年の4月に仕事を1ヶ月休職したが今年の4月は職場環境が悪くなるも休職せずに仕事に行けている。元のうつ症状よりも長年の強い薬の服薬による副作用により朝がだるく仕事に行く気がしない、イライラして死にたくなってしまうことが小康状態につながっているが、今年仕事を休職しなかったことは本人も変化を実感している。